2011年04月02日

スマートフォン

 昨日、とうとうスマートフォンを買ってしまいました。ちょうど今まで使っていた電話が2年経ったので、換え時だったのですが、時代の潮流にあわせてスマートフォンを手に取ることになりました。

 これまでタッチパネル形式の電子機器を使ったことが無かったので、操作にはいまだに四苦八苦しています。もっとも、使っていけば慣れていくとは思うのですが……。

 と、スマートフォンのことを考えていると、ふとモスクワのことを思い出します。モスクワでは、スマートフォンを持っている人たちが多かったような印象を受けました。特に、若い人たちの携帯電話は、ほとんどがそれであって、よく地下鉄や街中で画面とにらめっこしながら、パチパチ押している人を見かけました。また、スマートフォンでの通話は、イヤホンを耳にさし、小型マイクで話す人も少なくは無いので、夜に一人で道端を歩いているときに、すれ違うロシア人が普通に歩いたまま声を発しているのに驚くこともありました。自分に話しかけてきているんじゃないかと。

 地下鉄の風景を思い浮かべていると、電子書籍を手にとって読んでいる人も多かったことも思い出しました。おそらく、彼らのほとんどは、「キンドル」を使用していたと記憶しています。

 モスクワという街は、思ったよりも電子機械に関しては、進んでいることが印象的でした。さすがは、大規模な国際都市だな、と思ったしだいでした。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta Tojiki at 14:16| Comment(0) | モスクワ回想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。