2011年04月03日

ロシアでもピリピリな原発問題

 ロシア語のページをふらふらとネットサーフィンしていると、日本関連のニュースが多いことに驚きます。特に、原発問題に関しては、かなりピリピリしていることが伺えます。4月2日付けのРБКの記事には、サハリンやハバロフスク、カムチャッカなどの極東地域における放射能濃度について書かれていました。それによると、今のところ、超過的な数字は観測されていないとのことでした。加えて、この日に、日本から3機(モスクワ、クラスノヤルスク、ハバロフスク着)の航空機と、4隻の船がロシアに到着し、87人の乗客、78人の乗務員、1トンの荷物、すべてから異常な数値は観測されなかった、とありました。

 もう一つ、コムサモールスカヤ・プラヴダのネット記事では、“フクシマはチェルノブイリに匹敵する”というコメント付きで以下のような動画が紹介されていました。

 

 海外でも、この福島原発の問題が大きく取りざたされていますが、それは、「隣国」であるロシアからすれば、なおさらのことでしょう。原発への深刻な懸念以外にも、すでに、実際に日本の海産物の輸入禁止の見通しが立てられています。日本では、さまざまな議論が飛び交っていますが、このような海外の動きというのは、ある意味では「客観的な」指標となると思うのです。
 
もっとも、日本でも議論、というか情報の虚実がさっぱり分からない状況です。それを抑えるための動きがいよいよ始まっているようで、気象学会の理事長が放射性物質の予測の制限をかけたりネットでのデマの摘発を始めたりと、緊迫さは増しています。

 ちょっと、今までに無い日本の状況に、正直面食らっております……。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta Tojiki at 16:14| Comment(0) | ロシアの社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。