2011年04月08日

ノルウェーとの大陸棚海域画定の話

 昨年、ロシアとノルウェーが大陸棚海域の画定に決着がつきました。日本でも、条約が調印された9月ごろには、よく報道がされたと記憶しています。そして、本日4月8日に、この条約に関する連邦法(ロシア国内の法律)に、メドベージェフ大統領が署名をした、とクレムリン(大統領府)は伝えました。

 この大陸棚海域の画定については、「国立国会図書館調査及び立法考査局」の報告を参照したいと思います。

同海域はロシア・ノルウェー両国の沿岸から伸びる大陸棚となっており、その境界画定に関する両国の交渉がソ連期の1970年代から続けられてきた。ノルウェーは北海の大陸棚の境界線画定の際に適用された「中間線主義」、すなわち陸上国境の延長線を境界線とする方式に従い、スヴァーバル諸島とノヴァヤゼムリャ列島及びフランツ・ヨーゼフ諸島との中間線を境界線とすることを主張してきた。一方のソ連・ロシアは、この地が北極に近いことから、極地の帰属決定の方式として主張される「セクター主義」、すなわち二つの経線と一つの緯線とによって囲まれる扇型の地を帰属させる方式に従い、経線を基本とする境界線を主張してきた。


ロシア ノルウェー 大陸棚.png

 地図で見ると、このようになります。真ん中の赤線が、今回の条約で画定した線で、それより左の線が、ロシアが主張していたもので、右がノルウェーのそれです。ちょうど中間をとるように線が引かれています。

 なぜ、ここまで長年にわたり対立があったかと言うと、この海域から得られる「利益」です。石油、ガスのみならず、漁業としてもかなりの利益が見込まれるといいます。
この画定については、ロシア側が「妥協」「譲渡」した、という見方がされます。それは、この海域でのエネルギー資源開発のために、ノルウェーの技術を必要とする状況で、早期の近代化を目指すロシアが、領土という利益よりも、他国との協力で得られる現実的な利益を選んだからです。

 ロシアのガス、石油会社といえば、言うまでもなく「ガスプロム」が挙げられます。一方、ノルウェーにも、世界的な企業である「スタトイルハイドロ」があります。
 今回参照したУТОР.RUの記事には、この一連の領海画定で、「ガスプロム」がまだ技術開発を行っていない海域を、ノルウェーに渡すことになったことは、ロシア国内で批判の対象となっていると伝えています。結局、「ガスプロム」が開発しそこなった海域は、「スタトイルハイドロ」が開発計画を進めるのだろう、と記事は続きました。

 いずれにせよ、こうやってロシアが近隣諸国との早期の問題解決に力を注ぎ、国の整備を進めいていることは事実だと思います。ロシアが中国との国境問題を完全に決着させたのは、3年前だということを考えると、ロシアの外交姿勢の意図がかいま見れるのではないでしょうか。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta Tojiki at 23:59| Comment(0) | ロシアの外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。