2011年04月13日

口が凍っても話せます、ロシア語なら

 もともとテレビを見るほうではなかったのですが、帰国してからは、時間があることや、災害情報を得るために、テレビをつけている時間は少なくありません。
 そんな中、女優の新垣結衣が出演しているのを見たときに、ふと彼女の大ファンであるというロシア人の友人のことを思い浮かべました。よほどのファンなのでしょう、彼は、新垣結衣が出演しているほとんどすべての映画、ドラマを見たというのです。厳密に言うと、彼はいわゆる「アイドルオタク」らしく、他の女性芸能人にも詳しく、とりわけ新垣結衣が好きだということです。象徴的なエピソードがあります。

「ねえ、ジブリ映画って知っている?」と聞いたところ
「?」という顔をするので、
「ミヤザキ・ハヤオのやつだよ」と返す。すると、
「ミヤザキ?? みゃお?」

 彼が、ミヤザキと聞いて思い浮かぶのは、宮崎駿ではなく、AKB48の宮崎美穂のほうだったのでした。

 と、話のいきさつを説明するのに、これだけかかりました。これからが本題です(笑

 その彼と、マイナス10度くらいで風と雪が降りつけるとある日に散歩をしていたときでした。彼が、
「新垣結衣が出てた、お父さんと娘のドラマを知っているか?この前見たんだよ」と尋ねてきます。
その場には、もう一人日本人の人がいたのですが、二人でしばらく考えた結果、『パパとムスメの7日間』という作品だということが分かりました。

 しかし、そのとき、どうしても「パパ・ト・ムスメ・ノ……」と言おうとしても、噛んでしまって上手く発音できないのです。「パパ・ト・ムスメ、パパ・ト・ムスメ……」といくらやっても、流暢に発音できない。
 理由は、寒さで口が凍っていたことでした。唇が凍ってしまったことで、上手く動かすことが出来ず、したがって、日本語が下手になっていたのでした。そのときは、日本語よりむしろ、ロシア語のほうが、「話しやす」かったです。物理的に。
 その後に、お店に入ってコーヒーを飲んでいたときには、もうもとに戻っていましたが、何とも面白い体験でした。ロシア語という言語は、やはり「寒さに強い」のか、と根拠もなしに感心したものでした。でも、実際に環境と言葉って密接な関係があるんじゃ……、と今でも疑っています。

 この話をしたかったがために、ロシア人の友人について、最初語らせていただきました(笑)

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta Tojiki at 23:59| Comment(0) | モスクワ回想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。