2011年04月17日

ロシアのG(虫のほう)

 タイトルが、やたらとグロテスクですが、そんなにヒドイ話ではありません(と僕は思っているだけですが……)

 なぜ、そんなしょうもない話を思いついたかと言うと、こっちで久々に虫を発見したからでした。
 思えば、ロシアでは、冬ということもあって、ほとんど虫らしい虫を見たことがなく、実際にいるゴキブリでさえも、小指の爪くらいの大きさくらいしかありませんでした。

 南に行けば行くほど、虫は大きくなるといいますが、まさしくその通りであって、小さいころから巨大なものを見てきた僕にとっては、本当にカワイイ感じがするくらいでした。
 ですので、久々に見たときには、思っていた以上に驚きは大きかったのでした。

 うーん、やはり気持ちの悪い話ですね……(汗
 ただ単に、ロシアのゴキブリは小さい、ということを言いたかっただけなんです……

 御詫びに、綺麗な花の写真を。

DSCF8612.JPG

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta Tojiki at 22:53| Comment(0) | モスクワ回想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。