2011年04月30日

イタズラ脅迫―「爆弾を仕掛けました」

 7ヶ月モスクワに住んでいたので、ある程度の地名や地理はそれなりには分かります。ですので、ニュースでモスクワ関連のものを見たときに、固有名詞が手に取るように分かり、容易に状況を想像することができることが多いです。

 今日、30日朝6時ごろ(モスクワ時間)に、爆弾を仕掛けたという匿名の電話があったそうで、即刻調査に乗り出したが、結局見つからなかった、という風に書かれていました。(コムサモールスカヤ・ブラウダより)そして、その場所が「リチノイ・バグザール」という地下鉄の駅で、僕も何度も利用したところだったので、ひときわニュースへの興味は大きかったのでした。この駅は、ある路線の終点にあたるもので、そこから郊外へのバスが出ていたりと、人の利用がわりあい多いところです。

 見つからなかった、ということで、たいへん恐ろしいことなのですが、実はよく、このような、単なる「匿名の脅迫」というのは少なくありませんでした。モスクワ地下鉄最大のハブ駅である「レーニン図書館」駅では、数度、脅迫があり、あたりにいた人たちが非難させられた、ということがあったと聞きます。
 そして、僕が実際に住んでいた、モスクワ大学の学生寮でも、爆弾を仕掛けたという匿名のメッセージが届き、かなりの警戒状況になったことがありました。

 このような「イタズラ」(もちろん本物もありますが)までがよく起こってしまうということは、モスクワという街にとって、爆弾テロが「身近な」ものになってしまったことを意味するのではないか、と思います。それから、地下鉄にいる警察の数を考えても、またしかりだと思います。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta Tojiki at 18:33| Comment(0) | ロシアの社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。