2011年07月12日

甦るペテルブルグの記憶―『蒼ざめた馬を見よ』より

 1時間ほど時間があったので、大学の図書館へとぶらついた。特に目的もなかったので、わけもなく「日本文学」のコーナーへ足を向けた。帰国してからというものの、日本文学にハマっているせいかもしれないが、そのとき、一人の作家の名前が目に入った。五木寛之、である。五木寛之の全集がびっしりと並べられていたわけだが、そこでかねてから探していたひとつの作品のことを思い出した。『蒼ざめた馬を見よ』である。僕は、迷いなく全集の第一巻を手に取り、一気にその場で読み終えてしまった。
 この作品は、1967年の直木賞受賞作であり、ロシアを舞台にしたものである。五木寛之のもうひとつのロシアに関する小説、『さらばモスクワ愚連隊』は、以前このブログで紹介したこともある

 『蒼ざめた馬を見よ』の舞台は、当時レニングラードと呼ばれていた、現在のサンクト・ペテルブルグ。あらすじに関しては、僕がどうこう言うよりも、こちらのサイトに詳しい。


 物語の内容ももちろん面白かったわけだが、僕の興味をひきつけたのは、ところどころに登場するロシア文学、そしてサンクト・ペテルブルグという街の描写である。
 以前サンクト・ペテルブルグへは旅行として行ったことがあり、中心街を歩き回ったことは、いまだに記憶に新しい。だからこそ、イサク聖堂やネヴァ川、エルミタージュという名詞が作中に登場すると、かなりリアルに風景が思い浮かぶ。さらには、プーシキンの『青銅の騎士』という詩まで挿入されているものだから、めぐり合わせが面白くて仕方がなかった。

青銅の騎士.jpg

DSCF7412.JPG

DSCF7350.JPG

 加えて、同じ全集に掲載されていた『さらばモスクワ愚連隊』にもさっと目を通してみたけれども、舞台がモスクワなだけに、出てくる場所という場所が手に取るように分かる。さらには、以前よりもロシア語の知識が増えていることもあってか、会話のニュアンスもより深く捉えられているようになった気がした。
 
 今回のちょっとした読書は、「本物」を一度見るということがどういうことなのか、改めて考えさせてくれた。もっとも、自分が見てきた残像にばかりに囚われて、想像の幅を狭めるのはよろしくない。ただ、こうやって作品を身近に感じながら読んでいく、ということも読書の楽しみの一つなのかもしれない。ひょっとしたら、思い入れのある作品とは、こうやって自分の中に残っていくのかもしれない。いずれにせよ、嬉しい本との出会いだったということは言うまでもない。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta Tojiki at 23:45| Comment(1) | 文学より | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月05日

今年も暑い……

 最近、一段と暑くなってきました。日本特有の湿り気のある、むしむしとした暑さです。ちょっと外を歩こうものなら、汗が全身から噴出し、汗を抑えようと建物の中に入っても、節電のために冷房がほとんど効いておらず、汗と格闘する日々が続いています。水分を取るために飲み物を買おうと思っても、大学のキャンパスでは、自動販売機のほとんどが節電のために利用ができなくなっており、汗だくのまま絶句したことがありました。今年は熱中症、脱水症状に、一段と注意せねばならないようです。

 暑いのは、日本だけではないようです。昨年の夏、38度の猛暑に見舞われたロシアは、今年以降も、厳しい暑さが待っているようです。

ロシアの異常猛暑 2015年まで 非常事態省(ロシアの声 7月1日)
 ロシア非常事態省の専門家らは、ロシアの夏に見られる異常猛暑が2015年まで続くという見通しを示した。向こう5年間では、気温の上昇だけではなく、熱波による影響も長引くと予想されている。
 非常事態省災害対策センターのヴラジスラフ・ボロフ・センター長がリア・ノーボスチ通信に対して明らかにした。
 昨年2010年には、19の連邦構成主体で山火事の災害が起きており、被害総額は120億ルーブルとなっている。今年もシベリアおよび極東地域で山火事が観測されている。


 湿度が低く、乾燥しているロシアでは、猛暑による熱気がそのまま火事を引き起こしてしまうのです。そう考えてみると、このウットウしい湿気も、少しは良く捉えることができるのでは……ないでしょうか……。とは言いつつも、我慢なりませんが笑

 
 7月に入り、試験の準備もそうですが、僕自身、就職活動の話もボチボチ出てきています。もうそんな時期かあ、と思いながら、大学生活の進むスピードに驚いているしだいです。自分のやるべきことをやりつつ、ブログの運営ももっと効率よくやっていきたいと考えています。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ
posted by Itta Tojiki at 23:35| Comment(0) | 自然 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。