2011年10月13日

はじめての露大使館訪問

 先日、とある用事があって、在日ロシア連邦大使館に赴く機会がありました。用件に関しては、じきに明らかになりますので、ここではあえて触れません。とにかくはじめての大使館訪問でしたので、それをリポートしたいと思います。

 地下鉄日比谷線、神谷町駅から地上に出ると、そのまま東京タワー方面を目指しながら桜田通りをなぞるように歩く。500メートルほど進み、右に曲がり外苑東通りに入る。すると、ちらほらとロシア人らしき人たちが歩いていたり、車に乗っていたりするのが目に付いた。
 わりあい急な坂を登りながら、大使館を目指すが、なかなか写真で確認した巨大な建物が見つからない。それもそのはず、周りを日本風の塀で囲まれた敷地内は、坂の下からはまったく見えないのだ。人が3人分くらいの高さの塀が、まるでお城のそれのように、そびえ立っているような印象を与えるのだ。
 坂の上まで来ると、塀にへばりついて、敷地内をぐるりと警備している警察官の姿を認めることができる。警備杖を持ちながら、凛とした立ち姿に普段とは違う雰囲気を感じたのは、これが大使館の近くだったからか……。

 大使館に用事のある学生だから、ということだろうか、まったく警戒されずに敷地内に入った。広々とした空間に、すっとスマートな建物がそびえ立つ。

 中に通された。豪華絢爛な広間で受付を済ませ、2階へ上がった。階段を上っていると、ロシア語が頭から降ってくる。高級な雰囲気の中で、ロシア人が話しているのを見ると、日本国内にも関わらず異空間にいるような気がした。
 
 
 何の目的で行ったのかは、後日詳細にお伝えします。
 何はともあれ、在日ロシア大使館は、思っていた以上に高級で、豪華で……、と月並みな表現がそのまま当てはまる場所でした。本当は写真でも撮ってくればよいのでしょうが、いやはや、難しかったわけです。
 大使館のホームページはあるのですが、内装までは紹介していません。用件のあった場所は、シャンデリアが輝き、奥にはピアノがあって、と完全にヨーロッパの王室のようでした。という、形容で伝わるとは思いませんが、とりあえず報告でした。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta Tojiki at 21:06| Comment(0) | 個人的なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。