2011年10月21日

ロシアへの不信感の要因

 少なくとも僕は、ロシアという国が好きなようです。なぜなら、興味を持って、実際に足を運んで、そしてある程度暮らしてみた結果、いまだにロシアについて学ぶことを止めていないからです。もし嫌いでしたら、こうやってブログも書かないでしょうし、ロシア語の勉強もストップしているでしょうから。

 前置きが長くなりました。ロシアが好きな僕は、どうしても日露関係ということを考えてしまいます。国全体、あるいは国民単位で交流を持ちながら、友好的に付き合っていくことは、非常に理想的なことです。しかしながら、どうやら「日本人」全体を考えたときに、ロシアに対して「寒い、遠い、暗い、危ない」というネガティヴなイメージをいまだに払拭できていないようです。これは今に始まったことではなく、おそらくはソ連時代あたりにも言われていたことではないでしょうか。
 まず、このような不信感がある時点で、なかなか友好的な関係というのは難しいでしょう。一番のネックとしてあるのは、やはり「北方領土」問題です。実は、この問題をめぐっては、完全に議論は平行線をたどり、話し合うのは不毛だとまで言われています。

 日本の言い分ですと、あれはロシア(当時ソ連)が終戦後に攻め入って、強制的に占領したということです。一方、ロシア側としては、あれは戦勝国としては当たり前のことだ、という論理です。
 ロシアの国民全体に、このような考え、あるいは北方領土問題が認知されているかは明らかではありませんが、少なくとも日本人の多くが、ソ連による強制占領だととらえていることは確かだと思われます。これは、やはり戦後からの一貫した政府の主張および、それを支える歴史教育による成果だと考えられます。

 正直言って、北方領土問題については、明確な主張はしたくありません。もしも4島返還だと断固主張すれば、これは非現実的だといわねばなりませんし、逆に部分返還、あるいは返還なしで国交を開くというのであれば、妥協的な態度だと見なされ、「売国奴」というレッテルさえ貼られるでしょう。特に最近の日本社会の雰囲気から感ずるに、妥協的な姿勢というのは受け入れられないでしょう。
 あえて僕がこの領土問題を解決する切り口として考えるならば、それは2国間だけの事情を考慮せずに、太平洋域全体の国際問題としてとらえることです。現在、この地域には日本、ロシア、中国、そしてアメリカが大きなファクターとなっています。中国が伸びている現状を考えるに、ロシアがこの地域に、特に最前線となる北方領土に力を入れることは当然だとされています。 この地域に「万が一、もしも」のことがあった場合、おそらくは不毛な領土問題の論議をしている暇はないはずです。非常事態をもって、かなり現実的な策がとられ、解決するのではないかと思います。この「解決」が4島なのか部分なのか、ゼロなのか、何を意味するかは分かりません。

 このような複雑化した問題を抱える日露関係が、今すぐに良くなるということは政治の場面を見るに、難しいように映ります。このような話し合いの進まなさから、ロシアに対しての不信感が強まることも懸念されます。
 ただ、日露間のことがらは何も政治問題だけではありません。経済、文化など、より国民レベルに根ざした結びつきがあります。政治による不安感が、経済、文化面に対しても消極的な影響を与えているのであれば、その逆に、経済、文化部門から、関係を底上げしてゆくことが可能だと考えます。関係性の良化、を優先させたいのなら、こちらの方面からしか現実的な糸口はないように思えます。
 
 このテーマについては、また書いてゆきます。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta Tojiki at 23:59| Comment(0) | 日本とロシア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。