2011年10月26日

本当の平和

DSCF9225.JPG

 太陽は姿を消し、ほんの明るさをたもっている夕暮れ時。僕は帰宅の途にあった。
 風が肌を打つ。いや、なでる、と言ったほうがいいかもしれない。寒くもなく、暑くもなく、ただただ、やさしい風だった。
 平凡な住宅街には、学校から帰る子どもたちがいた。学生バッグを背負った制服姿に、ネクタイを緩めたスーツ姿。犬と散歩、ジョギング……。ときおり何処からか赤ちゃんの泣き声が、まだ声変わりをしてない甲高い子どもたちの声が、耳に入る。歩いていると、まるで食堂街にやって来たかのように、晩御飯のにおいがする。焼き魚やカレー、その他思い出せないけれど、明らかに家庭のにおいがしていたのだった。
 ああ、何という日常。何という平凡。こんなにも落ち着きをもたらしてくれる日常は、今しかないのかもしれない。平和とは、このことを言うんじゃなかろうか……。

 新聞やテレビをつけると、世の中物騒なことしかない。世界中で人が死んで、その犯人を殺した、金融危機が日本を襲う、景気は悪い、原発事故は解決のメドなく、被災地の復興も進まず、もうお先真っ暗だ……。まるでこの世が終るかのような気をさせる。

 でも、ふと日常の足元を見下ろしたときに、何とも平和が転がっているような気がするのは僕だけだろうか。多くの人たちが、家庭を持ち、食に困ることなく、和やかに時間を過ごしているこの現実。もちろん、個々人には事情があって、僕が平和なりと決めつけることはできないけれど、町の空気は穏やかに感じた。何も家庭だけではない。友人や恋人などと過ごす楽しい時間も、また平和だ。
 この時間がずっと続いてくれればなあ、と思うことがある。これから待ち構えているかもしれない嫌なこと、物騒なこと、危険なことなどとまったく無縁に感じてしまう日常の中の平和。このまま時間よ、止まれ!心のどこかでそういう叫びが聞こえやしないか……。

 しかしながら、時間というのは残酷なもので、そうはさせてくれない。常に現実を突きつけてくる。そして僕らは、それと対峙しなければならないのだ。それでも、日常に感じる平和なひととき、将来、この幸せな時間に疎外感を感じるかもしれないけれど、僕はこれを大事に記憶しておきたい。

 懐かしささえ感じさせる住宅街の雰囲気が、あまりにも報道されている世の中の空気とギャップがあったので、ついつい触発されてしました。僕が思ったことがらは、世間知らずの学生的な意見でしょうが、あえて素直な感想だと思って書き残してみたのでした。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta Tojiki at 22:52| Comment(0) | 今の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。