2011年12月10日

大規模デモについて―もはや他人事ではない……

 本来なら、先日のモスクワ滞在のレポート(実際に執筆中)を公表すべきなのだろうが、今のモスクワの状況――下院選を受けての大規模デモ――を考慮すると、このことについて言及せずにはいられない。

 さっきからネット上では、デモを伝えるニュースでにぎわう。参加者が3万とも4万とされ、いずれにしても大規模であることには変わりない。これまでなら、ただロシアの出来事だとして、興味のある人間として眺めておくことができた。だが、今回のデモの場合だけは、僕に切迫した現実をつけつけている。なぜなら、僕のfacebookのページに、「デモに参加します!」という友人たちのコメントが見られるからだ。
 デモの当日である10日を迎えるまでに、いく人かの友人の参加が確認でき、そしていざ当日になると、リアルタイムで写真をアップロードしていた。現在日本に留学しているロシア人の友人も、ustreamでの生動画をアップしていた。ロシア政治の実情が、社会に対するロシア人の声が、こんなにも生々しく現されるなんて思ってもいなかった。

 ロシア政治が今後……、なんていう話もあるだろうが、まずは参加している友人たちの無事だ。許可を得たデモだと伝えられているし、これまでの報道ではまだ武力的な話はあがっていない。とはいえ、気になってしまうのは仕方のないこと……。
 
 プーチン権力の失墜だ、などと先走った言及は避けたいし、デモに参加した友人たちをエライと称えよう、という政治のお話をする気もない。今のところ、僕は政治の話に立ち入りたくない。
 逃げているのですか、という問いが聞こえてきそうだが、いや、安易に政治に口出しをするのは危険だと考えているからである。もちろん、西洋的な民主主義が大事なんだ、という論理を用いれば、ロシアは糾弾されるべき国家ではあるだろう。ただ、それはロシアと関わっていこうとする人間の意見としては、浅はかだと思うのだ。

 正直なところ、こんなにも「ロシア」が自らに迫ってきたことに、大いなる驚きを覚え、面食らっている。一度、この現実を深く心身に落とし込む必要があるだろうし、もっと永い時間、「ロシア」と触れなくてはならないだろう。そうしたときに、ようやく自身のロシア観というのが、わずかな光を帯びてくるだろう。

 ともあれ、今回のデモは、僕に新たな次元での思考を強いた。なじみの場所に、デモ隊が群れをなし、その中に知っている顔がまぎれているのだ。何かそわそわせずにはいられないではないか!

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta Tojiki at 23:58| Comment(0) | 個人的なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。