2011年12月25日

モスクワ交通渋滞問題の体験

DSCF9274.JPG

 モスクワは交通渋滞が社会問題になっている、ということは耳にしたことがあるかもしれません。といいますのも、鳩山由紀夫元首相の長男である、鳩山紀一郎氏がモスクワで、渋滞緩和政策の研究を行っているという報道が、以前に流れたことがあるからです。去年の夏ごろに、鳩山首相夫妻もモスクワを訪れたというニュースもありました。


 渋滞問題があることは、そのような報道から知っていて、実際にモスクワに住んでいて、確かに車は多い、という印象は受けていました。ただ、留学中の交通手段といえば地下鉄やバスであって、車に乗る機会はさほど多くはありませんでした。ですので、体感レベルとしての渋滞というのは、とくに意識したことはなかったのでした。

 それが、先月のプログラムでモスクワを再訪した際に、深く実感するにいたったわけです。基本的に車移動だったので、ずいぶんとその渋滞の影響を食らったのでした。
 まず、初日を迎えた時点で、これはヤバイという危機を覚えました(笑)地下鉄に乗れば30分もかからない距離を、なんと2時間!いきなりの洗礼でした。最たるは、歩けば10分から15分の距離を、車を使ったがために1時間もかかったでした。
 
 聞くところによると、モスクワの道路では左折が禁止だというのです。確かに移動中に左折をした記憶はなく、常に右へ右へとぐるぐる回っていた印象があります。もっとも、モスクワの道路というのはかなり広く、車線がいくつも連なっているのです。はっきり言ってモスクワでは運転しようとは思いません……。ロシア人でさえモスクワでの運転は怖いと言ったりしていますし。そして何よりもみんなビュンビュン飛ばすのです……。

 確かに、こんなにも車での移動が不便だと困ってしまいます。一つモスクワの交通状況についての記事(米外交専門誌「フォーリン・ポリシー」より)を引用します。


■モスクワ(ロシア)
モスクワ市内の渋滞時間は日平均2.5時間で世界最長。ロシア国内の自動車台数は全EU圏と比較しても3分の1以上を占めており、にもかかわらず、道路のインフラ状況は世界111位となっている。飲酒運転や悪天候が多くの交通事故を誘発しており、ロシア運輸省によると、交通の混乱によって年間128億ドルを損失している。ある調査では、モスクワ市民の4割が「過去3年以内に3時間以上の渋滞を経験した」と回答している。



 個人的には社会問題を実感できてよい経験だったと思っているのですが、住む側からすればたまったものではないですよね……。


ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta Tojiki at 23:58| Comment(6) | ロシアの社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。