2011年04月12日

2,500枚の写真たち

 帰国してからは、今後の準備と平行して、留学中の「資料」の整理などにも手をつけています。その「資料」の中でも、群を抜いて量が多いのが、写真です。

 留学中は、常にカメラは持ち歩き、どんなに些細なものでも気になったらシャッターを切っていました。また、旅行の際も、ひっきりなしにパシャパシャとやっていました。そうやっていると、枚数がどんどんと増えるのは必然です。

 実際に数えてみると、全部で2,500枚を超えていました。これが多いか少ないかはさっぱり分かりませんが、紛れも無く「財産」であることは確かです。たった7ヶ月間でしたが、2,500枚のうちの一枚一枚が、貴重な記録だと思うのです。

 今のところ、街の風景や、プライベート写真、旅行先のもの、などと整理がまったく出来ていないので、これらをしっかりとカテゴリー別に分けて、「見せられる」形にしたいと思っています。やはり、自分が記録したことを、適当に内にとどめておくのは、もったいないことですし、2010年9月から2011年3月までのモスクワを見つめてきた人間としての、義務さえあると感じています。

 写真のページが出来ましたら、このブログでも報告いたしますので、どうか楽しみにしていてください。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta Tojiki at 23:59| Comment(0) | モスクワ回想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。