2011年04月20日

ロシアの車たち―もう廃車なのに…

 思わず共感できるニュース(?)があったので、紹介しようと思います。

壊れすぎ! ロシアの高速を走る事故車がハンパない
ロシアの高速道路で、とんでもない車が走行している様子が目撃された。その車とは、右側は激しく損壊している車両だ。それにも関わらず、何事もなく高速道路を走り続けているのである。その様子がYoutubeに公開され、ユーザーからは、「ゾンビカーだ」、「走ってるんだから問題ないのでは」など、さまざまなコメントが投稿されている。
この映像は、4月3日に公開されたものだ。タイトルでは中国産のSUV車とされているのだが、正確な車種はわからない。動画では、撮影している車両の前方を走るSUVが大きく損壊している様子が確認できる。車体の右側が陥没しており、日本なら廃車処分しなければいけないレベルの事故車なのだ。(ロケットニュース24)




 このニュースや映像を見たのなら、いやあさすがロシアだねえ、よく分からん国だ、と思われるだけかもしれませんが、実際に、ロシアの交通事情を見てきた者とすれば、これは十分な「アルアル」です。
 さすがにここまでの壊滅っぷりは見たことはありませんが、これに匹敵するくらいのは見たことがあります。

 そもそも、ロシアで、日本みたいな「綺麗」な車をほとんど見たことがありません。多くの車が、ホコリだらけで、白い車は黒ずみ、黒い車は灰をかぶったようにしている。ちょっとしたキズなんてナンのその。凹もうが構いやしない。
 極端な表現に聞こえるかもしれませんが、誇張をしたつもりはございません。まさしくそうなのです。

 ひとつ、目の前で目撃したエピソードを。
 道で路面電車を待っているときに、やって来た路面電車とある車が軽く追突しました。当然、車のほうはフロントが傷ついていて、これは運転手同士で揉めるか、警察が来るかだな、とにらんでいました。すると、予想通り運転手が出てきて、なにやら話しているようでした。やれやれ、これじゃあ遅れてしまうなあ、なんて心配に思っていると、お互いが笑い出して、それぞれの車に乗り込み、何事も無かったかのように発進しだしたのでした。

 うーん、車に対する価値観がロシア人は違うのかもしれません。「人を運ぶ」という最低限の機能さえ果たせば、OKという何という合理主義。このあたりはやはり面白いですね。

 もちろん、ぴかぴかに磨かれている車好きな人もいます。多くはないようですが……(笑

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta Tojiki at 23:35| Comment(0) | ロシアの社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。