2011年05月31日

最近のこと。照り返された東京の姿。

 一週間ほど更新を怠っていました。忙しい、なんていうのは言い訳にはならず、ただただ根気がなかっただけでしょう。
 思えば、東京に戻ってから一ヶ月、僕の「意識」はかなり低くなったような気がします。もちろん、ロシアへの関心が薄まったとか、学問をないがしろにしている、というわけではなく、一人で街をぶらついて、思ったことや感じたことをエッセイにするなどの「趣味」の領域においてです。意識の低さの一番の証拠は、カメラでしょうか。いつも持ち歩いているものの、ここ数週間で一度もシャッターを切ったことがありません。そのくらい「動く」ということに関してはエネルギーが不足しているようです。

 とまあ、ポジティブに考えるならば、5月という1ヶ月は東京に戻ってきて慣れるための期間だったと割り切ることができます。大げさではなく、本当に最初の2週間ほどは戸惑うことが少なくありませんでした。満員電車、特に朝のそれの凄まじさというのは、日本特有ではないでしょうか。無関心ののっぺらぼうたちが狭い空間に敷き詰められ、ドアが開いたとたんに、我こそは、といわんばかりに他人を押しのける。けが人が出たらどうするんだ!という考えはなしに、平気で女性や年配の人を突き飛ばす乗客が少なくないのには、改めて驚愕します。どうやら電車の中に乗っている人たちは「人間」ではないのかもしれません。

 改めて目の当たりにする日本の独特のもの。僕はよく「逆カルチャーショック」を受けています。これは、海外を少しでも見てみたことで、逆に日本が照り返されたということを意味しているのだと思います。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta Tojiki at 23:59| Comment(0) | 個人的なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。