2011年06月26日

ロシアの差別の問題―「ロベカル」のニュースより

 ロシア:ロベカルに観客席からバナナ 所属先のリーグで人種差別 【モスクワ大前仁】「ロベカル」の愛称で知られるサッカーの元ブラジル代表ロベルト・カルロス選手(38)が22日、所属先のロシアリーグでの試合中、観客からバナナを投げつけられた。人種差別行為で、2月にロシアリーグ入りしたアフリカ系のカルロス選手へのこうした出来事は2度目。ロシアは18年のサッカー・ワールドカップ自国開催に向け、「人種差別をやめよう」と啓発を続けているが、改善されていないのが実情のようだ。
 カルロス選手は南部サマーラで出場したアウェー戦のロスタイム中、観客席から足元にバナナを投げつけられ、試合終了の笛を聞かずにフィールドを去った。3月にも敵地サンクトペテルブルクでの試合前、観客からバナナを突き出された。
 一般にアフリカ系やアジア系に対する白人の差別行為として、猿の好物のバナナを差し出したり、猿のまねをすることがある。
 ロシアでは人口の8割を占める白人のロシア人が、カフカス系や中央アジア系に差別意識を持つと言われている。
 カルロス選手は22日の試合後「文明的な国では許されない行為だ」と失意を語った。所属チームの「アンジ・マハチカラ」は主催クラブの「クリリヤ・ソビエトフ」にバナナを投げつけた者の処分を要求。ロシアリーグは24日、ソビエトフ側に30万ルーブル(約90万円)の罰金を科した。

毎日新聞 2011年6月26日 東京朝刊


 「ロベカル」といえば、サッカーファンだけでもなく、名前を聞いたことのある人も少なくはないでしょう。それだけ素晴らしい功績をおさめた選手が、自身のキャリアの終わりとしてロシアのチームを選んでプレーしているわけですが、このような「差別行為」は、有名だとかそういうのを無視した上での露骨なものに思えます。

 もっとも、サッカーチームのサポーターは、わりあい過激な集団となりやすく、フーリガンなどにもそれが認められます。スペインやイタリアなどでも、特定の出身国の選手に対する差別行為はこれまでにも行われています。

「ロベカル」選手が所属しているチームの本拠は、ダゲスタン共和国の首都、マハチカラです。ダゲスタン共和国といえば、隣国にチェチェン共和国が位置しているなど、治安の面で落ち着かないところです。ですので、記事にあるような「カフカス系や中央アジア系に差別意識を持つ」ということは容易に想像できます。

 この記事で一番驚いたのは、「ロシアでは人口の8割を占める白人のロシア人が、カフカス系や中央アジア系に差別意識を持つと言われている」ということです。
 確かに、僕の友人でさえも、グルジア系の人に対して蔑んだ態度をとっていたのを思い出します。何も民族主義者やサポーターだけではなく、一般民衆の中でもある程度の差別意識はあるのかもしれません。
 ただ、ここで、ロシアは差別的な国で非文明的な国家だ、と決め付けるのは正しくはないでしょう。まずは差別の起こる因果関係を浮き彫りにして、歴史から振り返る必要があると思います。やみくもに、「差別はいけない」と言っても、そこに解決策は見出せません。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta Tojiki at 23:59| Comment(0) | ロシアの社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。