2011年09月23日

北極に海路を!!

 前回の更新の後、インターンシップとやらで1週間ほど立て込んでおりました。僕も、大学3年なわけで、これから「シュウカツ生」なのです。自分自身としっかり向き合え、かつ社会的な自分の立場を自覚できる、絶好の機会だと思って、やりがいを持って就職活動には取り組もうと思っております。
 インターンシップは1週間という短いものでしたが、自分の知らない世界、社会人の世界が垣間見られたような気がして、非常に刺激的に感じているしだいです。

 と、個人的な話は置いておいて、ロシアネタに入ります。少し、気になる記事を発見しました。

ロ首相、北極海航路発展へ大号令 インフラ整備推進2011年9月23日 09時50分
 【モスクワ共同】ロシアのプーチン首相は22日、ロシア北部アルハンゲリスクでの国際会議で、同国北方の北極海航路をスエズ運河並みの世界の物流の大動脈へと発展させるため、インフラ整備などを進めるとの大号令をかけた。インタファクス通信などが伝えた。
 気候変動により、夏の北極海航行が容易になりつつある中、首相は「北極海航路は料金、安全性などの面で(スエズ運河経由の)伝統的な物流ルートに対抗できるようになる」と強調。
 北極海航路を利用すれば、欧州北部から東アジアへはスエズ経由より距離を大幅に短縮できることもあり「企業は経済的に大きな利益を得られる」と訴えた。


 北極に、巨大なインフラ事業の登場と見てもよろしいでしょう。ビジネスとしてロシアを見た場合、今後、不凍地域の氷が解けるようなことがあれば、存分に開拓しがいがあるのです。ロシアには、「手付かず」の部分がかなり存在するのです。

 社会人の人と話すときに、自分自身を「ロシア」という切り口で紹介すると、多くの方が、今後のロシアビジネスの話をします。つまり、中国だ、ブラジルだ、言っておりますが、まだまだロシアも突き進んでゆく余地が十分にあるのです。
 
 このような話は、もはや常識的な説とはなっていましたが、紹介した記事のような、具体的な案件が出てくると、いよいよか、と構えてしまうものです。ロシアビジネス、まだまだ始まったばかりなのかもしれません。

 ただ、ロシアという国は日本を含めた外国資本が入っていくには、何かしらの困難がついてくるそうです。例えば、極東でのガスパイプライン事業「サハリン2」は、その典型的な問題が起こった経緯がありました。これについては、後ほど言葉を費やしましょう。

 ロシアへのビジネス、というトピックもこれから気になるものがあれば取り上げようと思います。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta Tojiki at 22:54| Comment(0) | ロシア・ビジネス | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。