2011年10月04日

「ユーラシア国家」としてのロシア

 次期大統領にプーチンの返り咲きが濃厚になったことは、ここ最近マスコミを賑わせています。特段ロシアに興味のない人でも、プーチンという名ぐらいは知っていて、今回の大統領をめぐる一連の報道には、何かしらの関心を寄せている人も多かったような気がします。
 さて、プーチン関連のことで、非常に面白い記事が舞いこんできました。

ロシア:プーチン首相 「ユーラシア同盟」創設構想
【モスクワ田中洋之】ロシアのプーチン首相は4日付のイズベスチヤ紙に論文を発表し、20年前に崩壊したソ連の再統合を念頭に、ロシアと周辺諸国による「ユーラシア同盟」の創設構想を打ち出した。確実視される来年5月の大統領復帰に向けた新たな外交政策として注目される。
 プーチン氏は論文で、ロシアとカザフスタン、ベラルーシで構成する関税同盟や、この3国で来年発足する「統一経済圏」など旧ソ連の経済的再統合の動きに触れたうえで、ユーラシア同盟構想は「より高いレベルの統合に進む野心的な目標」と強調。ユーラシア同盟は「ソ連の再建ではない」としつつ、「新たな価値や政治・経済的な土台に基づく緊密な統合は、時代の要請だ」と述べた。
 プーチン氏はまた、旧ソ連に残るインフラなどの遺産を活用するのは「我々の共通の利益」であり、世界的な経済危機の影響を克服し、成長を続けるには、大国ロシアを中心に旧ソ連諸国が再結集すべきだとの考えを示した。
 旧ソ連では、ロシアが主導する関税同盟に中央アジアのキルギス、タジキスタンが加盟を検討。ロシアはウクライナにも加盟を求めており、プーチン氏としては関税同盟を将来的にユーラシア同盟へ発展させたい考えとみられる。
 一方、旧ソ連11カ国でつくる独立国家共同体(CIS)は形骸化が進んでおり、新たな同盟構想を打ち上げることで、ロシアが勢力圏とみなす旧ソ連での求心力を高める狙いもありそうだ。
 プーチン氏は大統領時代の05年、1991年12月のソ連崩壊について「20世紀最大の地政学的な悲劇だ」と発言していた。


 ここでは、「ユーラシア」という言葉がひとつのキーワードになります。ロシアには、「ユーラシア主義」という考え方があって、ヨーロッパでもアジアでもない、「ユーラシア国家」としてまとまってゆくべきだ、という内容を指します。もともと1920年代の、亡命ロシア人の知識人の間で発生した思想潮流なのですが、近年、とりわけソ連崩壊以後、ロシアのアイデンティティの拠り所のひとつとして注目されておりました。現代では、「ネオ・ユーラシア主義」とも呼ばれるそうですが、実はプーチンやメドベージェフは、この主義者だと言われています。

 ユーラシア主義に関しては、以前当ブログでも簡単に紹介したことがありました。

ユーラシア主義の概要

 それを考慮すると、今回の「ユーラシア同盟」の構想は、十分に的を射たものだといえます。また、この同盟において経済的側面が強いことも、ユーラシア主義らしいところがあります。
 ユーラシア主義を論じるに当たり、ユーラシアの「気候帯」に着眼する考え方があります。ロシア国内には、砂漠からツンドラ、ステップ、タイガ、亜熱帯林、広葉樹林まで、さまざまな気候区分がありますが、元来、これらの地域は相互に経済物流の移動を通じて助け合っていたといいます。つまり、相互に依存し合いながら、ユーラシア文化とも言うべくものが形成されていたことを意味し、これによってユーラシア国家の存在意義を強めるわけです。
 経済の結びつきによるユーラシア、という考え方も、もともとのユーラシア主義の観念に沿っているのです。

 ユーラシアとしてのロシア、というのは、ロシアのアイデンティティを支えるひとつの強力な思想です。これは、ヨーロッパや中国に対するひとつの牽制とも受け取れるように思えます。ヨーロッパ寄りでもなく、アジア寄りでもなく、ユーラシアだ!という明確な区分の表明なわけですから。

 少し長くなりましたが、このプーチンの構想は、一言で言えば「筋が通っている」ということでしょうか。現在の中央アジアの状況を考慮しても、実現の可能性が低くなく、地に足着いた策だと言えます。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta Tojiki at 22:33| Comment(0) | ロシアの外交 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。