2011年11月10日

ふたたびのモスクワ行き

 今月の下旬に、10日ほどモスクワに行くことになりました。ロシア連邦政府青年事業庁の行事の一環で、日本の学生を政府機関に招くということで、その学生のうちの一人になったわけです。議会や首相府、一部省庁の訪問やそこの人間との交流を通じて、よりロシアという国を知ってもらう、という意図だそうです。
 留学中は、じっくりとモスクワの生活を眺めていくことができましたが、実際にこのようなオフィシャルな部分に触れたことはありませんでした。おそらくは、今回の訪露は、まったく違った目線でロシアという国を見つめることができるのでしょう。そう考えると、とても胸が熱くなります。


 個人的な話をすれば、実は、所定の日にちよりも、一日早くモスクワ入りします。一泊の旅行みたいな感じなのですが、目的としては、モスクワにいる友人たちと会うことです。そして何よりも、もう一度ゆっくりモスクワの空気を吸いたいのです。
 3月に帰国して、8ヶ月後にふたたびモスクワを訪れるなんて願ってもないことでした。正直なところ、就職活動もひと段落ついてから、ゆっくりロシアを旅行しようと考えていて、ロシア行きは当分先のことだろうと思っていました。
 それが思いもかけないことがきっかけで、ずいぶんと早まることになりました。思えば、帰国してからというもの、どこかモスクワの空気を求めているきらいがありました。あの妙に怪しげで、妙に妖艶な感じを思わせつつ、背筋を伸ばしてくれる緊張に浸りたい欲望があったのでした。


 「モスクワ、とはあなたにとって何ですか?」

 帰国するときに、先生が僕にそう問いました。
 
 「第二の故郷です。」

 なぜだかそういう返事を僕に言わしめた街です。
 ホテルを予約しようとして、モスクワ中心街の地図を眺めていると、目に入る地名やら駅名、通りなどが鮮明に脳裏に浮かびあがってくるのです。それぞれの場所での思い出という想い出が、しっかり焼きついているのです。
 
 このような機会にめぐりあえたことに、感謝しつつ、行くからにはしっかり視てきます。おそらくは、これまでのブログの記事とは少し異なった種類のものが書けるのかもしれません。ぜひ、報告を楽しみにしていただきたいと思います。


ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ



posted by Itta Tojiki at 22:22| Comment(0) | 個人的なこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。