2011年11月29日

【帰国報告】

DSCF9293.JPG

 昨日、モスクワから帰国しました。研修中に行った先々で見たこと聞いたことの報告は、また随時行っていきますが、とにかく言えることは、「行ってよかった」ということ。たった10日近くの滞在でしたが、僕にとっては数ヶ月分の思考や経験、いや日本にいては決して得られないものを感じ取ったと確信しています。

 東京に戻ってきてから1日ほどたちましたが、まだモスクワの余韻は消えません。これはただ単に僕がボケているから、というよりも滞在をはさんでから考え方が変わったためなのかもしれません。
 具体的に何が僕に、そのような深い思索を投じたかというと、滞在中に出会った人たちです。これはロシア人、そして日本人も含めてです。それぞれの外国語レベル、というのは直接的に実力を示しますし、何よりも、それぞれの考え方は刺激的でした。

 僕自身も、ロシア語を学び、ロシアという国とどう向き合っていくのか、というのは日々思うところがありますが、やはり同じようなことをしている人はいるもので、必然的に話は盛り上がります。ただし、気づいたのは、どうやら「向き合い方」の違い、があるということです。これは良し悪しの問題ではなく、おそらくは必要なことだと思います。
 多くの人間が同じ一方面からロシアを向き合っても、それは一方面だけの結果しか生まず、面白みがない。一方、あらゆる人間があらゆる方向からロシアという国を視れば、多様な結果が出て、それらの結果を組み合わせることによってより総合的なロシアへの見方が形成されるのではないか、と感じたしだいでした。
 そして、今回会ったような様々な人たちの考え方は、ぜひ総合して考えたいなと思うわけでした。

 
 留学していた7ヶ月間、僕はほんとうにモスクワという街に育てられました。そして今回もまたモスクワにひとつ成長させてもらったような気がします。
 たった10日間でしたが、プログラムのことだけではなく、しっかりモスクワを観察した僕の「眼」の報告もまたやっていきたと思います。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta Tojiki at 18:05| Comment(0) | モスクワ滞在 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。