2012年01月28日

現代ロシアの「亡命」!?――知識層の流出

DSCF9498.JPG
 
 僕のロシア人の友人には、日本語を勉強している人たちが多く、また日本語を勉強できる環境があるロシアの大学といえば限りがあり、そのためハイ・クラスの大学に在学している学生が多いです。例えばモスクワ大学やモスクワ国際関係大学には充実した日本語教育が設置されています。

 先日、東京の大学院に通っている友人と会ったときに、ふと気になる話題がありました。
 今後の進路について話していたときに、ロシア人の彼は、「ロシアには戻る気はない」ということを言っていました。もう数年も日本で勉強している彼は、いわば超エリートであって、ロシア国からすれば貴重な人材であるはずです。院を卒業したら、ロシア以外の国で研究に従事したい、という旨を言っていた記憶があります。

 「これが、知識層の流出かあ…… 今も昔も同じじゃ……」思わず、そう吐露しそうになりました。

 ロシアにおける知識層の流出は、亡命の歴史とともに深いものがあります。

 ロシア革命が起きたときに、それまで貴族だった人たちの多くはロシア国外へと亡命し、彼らは「白系ロシア人」と呼ばれ、欧米を中心に諸国に散在していました。亡命先としては、日本も例外ではありませんでした。
 政権当局の弾圧から逃れるために、国外へ亡命するロシア人には、作家や学者を中心に多くの著名人や知識人が含まれておりました。例えば、『ロリータ』で有名なナボコフや哲学者であるベルジャーエフ、ロシア人として初のノーベル文学賞受賞者のイヴァン・ブーニンなどの名をあげることができます。つまり、知識層が自由な場を求めて亡命しているケースが目立っていたのでした。

 ロシア人の亡命、といえば帝政期やソ連時代を想像されるかもしれませんが、現代ロシアにおいても「知識の流出」は深刻な問題だとされています。

(前略)70年代にユダヤ系住民の知識層から始まった頭脳流出で、ロシアは20世紀末までに最も優秀な国民を50万人以上失った。09年の学術論文や学術誌の刊行数では、インドや中国を下回っている。このままでは、次世代の画期的技術を外国からの輸入に頼る羽目になるだろう。(後略)
ニューズウィーク日本語版記事より)


 今回は、院生の友人の話を例にしましたが、実は彼以外にも、「ロシアから出たい」、という友人の話は聞いております。話しながら、こうやって知識層は流出するのか、と実感した次第でありました。


ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta Tojiki at 23:58| Comment(0) | ロシアの社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。