2011年05月21日

「危ない」ケバブと「安全」なケバブ

 さて、このブログにしては珍しい料理ネタです。
 東京の街をぷらぷらとしていると、いたるところで「ケバブ」という中東系料理の屋台が目につきます。

 ケバブ、というのは、肉類をローストしたもので、さまざまな種類があります。ただ肉を焼いたものもあれば、野菜と一緒に包んで食べるものもあり、知っている人も多いかと思います。おそらく日本では、後者のものがメジャーではないでしょうか。

DSCF8179.JPG
これは、ポーランドで食べたケバブ

 ケバブ屋は、ロシアでもいたるところにありました。
 しかし、ロシアのケバブは「危ない」という噂がありまして……

 といいますのも、実際に何の肉を使っているか分からず、さらには衛生面での安全が保障されていないのです。ですから、あのお店は大丈夫だとか、そうではない、と情報を得てから購入しないと危ないのです。僕の知り合いの中で、その「危ない」ケバブに当たって、病院送りになった人が何人か……
 モスクワでは、ほとんど固定の場所でした買いませんでした。
 
 何でそんなリスクを犯してまで食べるかというと、ホントに美味しいんですもの!!
独特の濃いスパイスに熱い肉が、シャキシャキの野菜と……

 そして昨日のこと。
 大学の近くでケバブの屋台車があったので、思わず買ってしまいました。もう何も心配せずに口にしました。食の安全って、ホントに大事だなと思ったしだいでした。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta Tojiki at 18:23| Comment(0) | モスクワ回想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月10日

時は二度と戻らぬ―記憶は想い出へと

 今朝のことだった。堀辰雄の『風立ちぬ』を読んでいたことと関係があるかどうかは分からないが(おそらくまったく関係ないだろう……)、ふいにモスクワいた頃の「過去」が思い浮かんできた。作品の、過去を綴るような美しい文章に感化されたのだろうか、僕の思考も勝手に過去を追っていたのだった。
 何も今朝に限ったことではなかった。先日、気まぐれでロシアの国歌を聴いてみたら、たちまちあの近代と過去とが混じりあったカオスが思い起こされたではないか!

 思い起こされた、という時点で、僕のモスクワでの「記憶」は、すでに「想い出」になっているのだろう。脳裏に浮かぶイメージには、妙にセピア色がかかっている。
 
 どうやら東京という「忙しさ」にとり付かれた人間くさい街の空気に完全に侵されてしまったようだ。僕の脳の記憶を隅へ隅へと追いやっているようだ。俺はモスクワにいたんだ!ということを確信できる拠り所となるものは、もう弱い。
 かろうじて、僕が毎日のように綴っていた「留学ブログ」の文章や写真を見返したときには、一気に記憶は呼び起こされるのだが……。それでも、俺ってモスクワにいたんだなあ、というまるで他人事のような感想を抱いてしまうというのも、正直なところである。

 お前が19歳で過ごしたモスクワでの時間はもう過ぎ去ったんだよ!という現実のみが突きつけられているのである。時間とはやはり残酷なものだ……。

 もっとも、僕は、留学での経験を活用こそすれ、固執するつもりは毛頭もなかった。見るべきは前であって、過去に縛られてはならない、とは常々思っている。
 ただ……、7ヶ月という短い期間でも自分を養ってくれたモスクワという街が、時とともに、よそよそしくなっていくのは、やはり寂しい。そんなことを思っているうちに、僕自身も変わってしまうだろうし、そして街も変わる。そうすると、あの7ヶ月はもう二度と戻らない!一生「想い出」として残るだけだ! いや、「想い出」として残ってくれるだけ、まだマシなのかもしれない……。

 ああ無常。
 
 最近の心のつぶやきでした。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ
posted by Itta Tojiki at 23:59| Comment(0) | モスクワ回想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月17日

ロシアのG(虫のほう)

 タイトルが、やたらとグロテスクですが、そんなにヒドイ話ではありません(と僕は思っているだけですが……)

 なぜ、そんなしょうもない話を思いついたかと言うと、こっちで久々に虫を発見したからでした。
 思えば、ロシアでは、冬ということもあって、ほとんど虫らしい虫を見たことがなく、実際にいるゴキブリでさえも、小指の爪くらいの大きさくらいしかありませんでした。

 南に行けば行くほど、虫は大きくなるといいますが、まさしくその通りであって、小さいころから巨大なものを見てきた僕にとっては、本当にカワイイ感じがするくらいでした。
 ですので、久々に見たときには、思っていた以上に驚きは大きかったのでした。

 うーん、やはり気持ちの悪い話ですね……(汗
 ただ単に、ロシアのゴキブリは小さい、ということを言いたかっただけなんです……

 御詫びに、綺麗な花の写真を。

DSCF8612.JPG

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ
posted by Itta Tojiki at 22:53| Comment(0) | モスクワ回想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月13日

口が凍っても話せます、ロシア語なら

 もともとテレビを見るほうではなかったのですが、帰国してからは、時間があることや、災害情報を得るために、テレビをつけている時間は少なくありません。
 そんな中、女優の新垣結衣が出演しているのを見たときに、ふと彼女の大ファンであるというロシア人の友人のことを思い浮かべました。よほどのファンなのでしょう、彼は、新垣結衣が出演しているほとんどすべての映画、ドラマを見たというのです。厳密に言うと、彼はいわゆる「アイドルオタク」らしく、他の女性芸能人にも詳しく、とりわけ新垣結衣が好きだということです。象徴的なエピソードがあります。

「ねえ、ジブリ映画って知っている?」と聞いたところ
「?」という顔をするので、
「ミヤザキ・ハヤオのやつだよ」と返す。すると、
「ミヤザキ?? みゃお?」

 彼が、ミヤザキと聞いて思い浮かぶのは、宮崎駿ではなく、AKB48の宮崎美穂のほうだったのでした。

 と、話のいきさつを説明するのに、これだけかかりました。これからが本題です(笑

 その彼と、マイナス10度くらいで風と雪が降りつけるとある日に散歩をしていたときでした。彼が、
「新垣結衣が出てた、お父さんと娘のドラマを知っているか?この前見たんだよ」と尋ねてきます。
その場には、もう一人日本人の人がいたのですが、二人でしばらく考えた結果、『パパとムスメの7日間』という作品だということが分かりました。

 しかし、そのとき、どうしても「パパ・ト・ムスメ・ノ……」と言おうとしても、噛んでしまって上手く発音できないのです。「パパ・ト・ムスメ、パパ・ト・ムスメ……」といくらやっても、流暢に発音できない。
 理由は、寒さで口が凍っていたことでした。唇が凍ってしまったことで、上手く動かすことが出来ず、したがって、日本語が下手になっていたのでした。そのときは、日本語よりむしろ、ロシア語のほうが、「話しやす」かったです。物理的に。
 その後に、お店に入ってコーヒーを飲んでいたときには、もうもとに戻っていましたが、何とも面白い体験でした。ロシア語という言語は、やはり「寒さに強い」のか、と根拠もなしに感心したものでした。でも、実際に環境と言葉って密接な関係があるんじゃ……、と今でも疑っています。

 この話をしたかったがために、ロシア人の友人について、最初語らせていただきました(笑)

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ
posted by Itta Tojiki at 23:59| Comment(0) | モスクワ回想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年04月12日

2,500枚の写真たち

 帰国してからは、今後の準備と平行して、留学中の「資料」の整理などにも手をつけています。その「資料」の中でも、群を抜いて量が多いのが、写真です。

 留学中は、常にカメラは持ち歩き、どんなに些細なものでも気になったらシャッターを切っていました。また、旅行の際も、ひっきりなしにパシャパシャとやっていました。そうやっていると、枚数がどんどんと増えるのは必然です。

 実際に数えてみると、全部で2,500枚を超えていました。これが多いか少ないかはさっぱり分かりませんが、紛れも無く「財産」であることは確かです。たった7ヶ月間でしたが、2,500枚のうちの一枚一枚が、貴重な記録だと思うのです。

 今のところ、街の風景や、プライベート写真、旅行先のもの、などと整理がまったく出来ていないので、これらをしっかりとカテゴリー別に分けて、「見せられる」形にしたいと思っています。やはり、自分が記録したことを、適当に内にとどめておくのは、もったいないことですし、2010年9月から2011年3月までのモスクワを見つめてきた人間としての、義務さえあると感じています。

 写真のページが出来ましたら、このブログでも報告いたしますので、どうか楽しみにしていてください。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ
posted by Itta Tojiki at 23:59| Comment(0) | モスクワ回想 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。