2011年06月26日

ロシアの差別の問題―「ロベカル」のニュースより

 ロシア:ロベカルに観客席からバナナ 所属先のリーグで人種差別 【モスクワ大前仁】「ロベカル」の愛称で知られるサッカーの元ブラジル代表ロベルト・カルロス選手(38)が22日、所属先のロシアリーグでの試合中、観客からバナナを投げつけられた。人種差別行為で、2月にロシアリーグ入りしたアフリカ系のカルロス選手へのこうした出来事は2度目。ロシアは18年のサッカー・ワールドカップ自国開催に向け、「人種差別をやめよう」と啓発を続けているが、改善されていないのが実情のようだ。
 カルロス選手は南部サマーラで出場したアウェー戦のロスタイム中、観客席から足元にバナナを投げつけられ、試合終了の笛を聞かずにフィールドを去った。3月にも敵地サンクトペテルブルクでの試合前、観客からバナナを突き出された。
 一般にアフリカ系やアジア系に対する白人の差別行為として、猿の好物のバナナを差し出したり、猿のまねをすることがある。
 ロシアでは人口の8割を占める白人のロシア人が、カフカス系や中央アジア系に差別意識を持つと言われている。
 カルロス選手は22日の試合後「文明的な国では許されない行為だ」と失意を語った。所属チームの「アンジ・マハチカラ」は主催クラブの「クリリヤ・ソビエトフ」にバナナを投げつけた者の処分を要求。ロシアリーグは24日、ソビエトフ側に30万ルーブル(約90万円)の罰金を科した。

毎日新聞 2011年6月26日 東京朝刊


 「ロベカル」といえば、サッカーファンだけでもなく、名前を聞いたことのある人も少なくはないでしょう。それだけ素晴らしい功績をおさめた選手が、自身のキャリアの終わりとしてロシアのチームを選んでプレーしているわけですが、このような「差別行為」は、有名だとかそういうのを無視した上での露骨なものに思えます。

 もっとも、サッカーチームのサポーターは、わりあい過激な集団となりやすく、フーリガンなどにもそれが認められます。スペインやイタリアなどでも、特定の出身国の選手に対する差別行為はこれまでにも行われています。

「ロベカル」選手が所属しているチームの本拠は、ダゲスタン共和国の首都、マハチカラです。ダゲスタン共和国といえば、隣国にチェチェン共和国が位置しているなど、治安の面で落ち着かないところです。ですので、記事にあるような「カフカス系や中央アジア系に差別意識を持つ」ということは容易に想像できます。

 この記事で一番驚いたのは、「ロシアでは人口の8割を占める白人のロシア人が、カフカス系や中央アジア系に差別意識を持つと言われている」ということです。
 確かに、僕の友人でさえも、グルジア系の人に対して蔑んだ態度をとっていたのを思い出します。何も民族主義者やサポーターだけではなく、一般民衆の中でもある程度の差別意識はあるのかもしれません。
 ただ、ここで、ロシアは差別的な国で非文明的な国家だ、と決め付けるのは正しくはないでしょう。まずは差別の起こる因果関係を浮き彫りにして、歴史から振り返る必要があると思います。やみくもに、「差別はいけない」と言っても、そこに解決策は見出せません。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta Tojiki at 23:59| Comment(0) | ロシアの社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月19日

SNSに内務省公式グループ作成

 ロシアには、「ロシア版mixi」ともいうべきソーシャル・ネットワーク・サイト、「Вконтакт (vkontakte、フコンタクチェ)」というのがあります。2011年2月段階で、1億3500万のアカウント(個人が複数を持つことができ、またスパムユーザーなども多数存在すると言われる)が登録されているとされ、ロシア国内では人気のサイトとなっています。

 そのサイトに、警察権力を管轄に置く内務省が、公式グループページを開設したそうです。(参照記事)目的としては、主に活動報告だそうですが、一番の狙いとしては、若者層の関心を引くためとのこと。そして、ある程度この企画が成功すれば、また次の活動にも繋げていくと締めくくられていました。

 言ってみれば、mixiに警察が公式のコミュニティグループを作るようなものでしょうか。そう考えてみると、これが抜群に功を奏するとは考えがたいような、そうでないような……

 ちなみに、下の画像が、トップページです。

untitled.bmp

 普段の警察の様相から想像がつかないくらいの、さわやかなアニメ画像です……

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ
posted by Itta Tojiki at 23:59| Comment(0) | ロシアの社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月14日

金持ちと現実―格差の問題

 ロシアって豊かなの?とよく聞かれることがあるのですが、少なくともモスクワという国際都市においては、貧しいという印象はあまりありません。まず、以下の記事を参照しましょう。

ロシアは億万長者の国 
 経済情勢の分析をしている「デロイト」社の予想では、2020年までにロシアの大金持ちの数は、百万人を越すとの事だ。現在その数は三分の一だが、億万長者の住んでいる都市のナンバーワンは、すでにモスクワである。モスクワには億万長者が79人住んでいる。ちなみに第二位はニューヨークで、その数は58人に過ぎない。
 数年連続、モスクワは、世界でも最もお金のかかる都市の位置を変わらず保っている。住居費、賃貸料は、ロンドンあるいはニューヨーク並だし、高級ブティクの数でも世界有数だ。同時にモスクワは、生活が快適な街としても上位に入っている。そして億万長者が最も多く住む街モスクワは、投資を惹きつける中心地ともなりつつある。


 記事の中では、二つの意見が紹介されていました。

(中略)
「もし国内で、お金持ちの数が増えるとしたら、それは好ましい傾向だ。国が豊かになり、経済が発展していることを意味するからだ。そしてもう一つ重要な事は、ロシア経済のおかげも含め伸びている収入や富を、もっと平等に国のすべての人々に分配することだ。とはいえ、お金持ちの全体的な数が増えれば、大部分の人々の生活水準もやはり向上するというのは、はっきりしている。」(ロシア議会下院(国家会議)金融市場委員会のメンバー、アナトリイ・アクサコフ下院議員)
(中略)
「大金持ちが増えるという傾向は、第一に、国内の収入の全体的レベルが上がることを物語っている。 おまけに、より速いテンポで、より保障された豊かな層の人々の収入がアップする事は、完全に可能だろう。 ここ数年『フォーブス』のベストテンに、特に発展しているわけでもなく、又豊かでもない国から大金持ちが出ていることは、秘密でもなんでもない。メキシコ、ブラジル、ロシアといった国々だ。そんな事より、はるかに重要なのは、国の財政・金融的幸福度のしっかりとした指標となる中産階級を増やす事である。 まさに彼らが増えた時、国家の経済は安定するからだ。」(「ルーシ・キャピタル」社の主任エコノミスト、アレクセイ・ログヴィン)


 引用が長く申し訳ありません。とにもかくにも、ロシアには金持ちが多いということです。特に最初の部分の、モスクワが世界で一番億万長者が多いというのが、その現実を語っています。
 実は、ちょうど世界の億万長者のニュースが流れたときに、(モスクワの)ロシア人の先生に、そのことについて話したのでした。モスクワに、こんなに金持ちが多いなんて驚きました、というコメントをすると、先生は、浮かぬ顔をして、

「でも貧しい人がいるのは、現実なのよ。街を見ていれば、あなたも分かるでしょ?」

と言っていました。確かに、街にホームレスの人や、浮浪者だと思われる人は、しょっちゅう見かけていました。この体験を、僕は何度かブログで取り上げたこともありました。

ボロ衣の男
再びの、奇妙な男

「ロシアにはね、かなりの格差が生じているのよ」

 先生は、もう60を過ぎた人で、当然ソ連時代を知っています。決して派手な生活ではなかったものの、最低限の生活が保障されていた当時は、ホームレスなんていなかったと言われています。そのような現実しか見てこなかった人たちからすると、街で、よく浮浪者を見かけるという現実は、最初は信じられなかったのではないか。
 ソ連崩壊時からすると、ずいぶんと豊かになっていますが、それでも、もはや埋められぬ格差というのは、現実に見受けられます。

 モスクワは金持ちの街だね、と手放しに喜ばずに、しっかりと現実を見ているあたりに、共産主義時代を送ってきた歴史を感じさせます。おそらく、モスクワなどに住む多くの人にとって、自分たちが金持ちの街に住んでいるという実感はないのでは、と思います。よく、東京は金持ちの街だよな、と羨望の感を持って言われることがあったのですが、そういう感触からも、上記のようなことが考えられます。(もちろん、彼らが日本についてあまり知らないということも作用していますが)

 資本主義社会が陥りうる弊害のひとつに、このような格差があります。ソ連崩壊から今年で20年ですが、歴史の激動に巻き込まれたこの国には、その「変化」を十分に物語る姿が存在しているようです。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ
posted by Itta Tojiki at 23:59| Comment(0) | ロシアの社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月09日

占い師たちが襲われている―ダゲスタンにて

 ロシアは南、カフカース地方にダゲスタン共和国というのがあります。隣国のチェチェン共和国に攻撃されたことがあるなど、決して安定的な地域ではありません。
 
 そのダゲスタンで、最近、「魔術」や「占い」をしている人たちが立て続けに襲われているといいます。Росбалтの記事によれば、先日50代の夫婦が、2名の何ものかに銃で撃たれ、病院に搬送されたそうです。また、今回の事件だけではなく、1ヶ月前も、ダゲスタンのカスピ海付近で、62歳の女性の占い師が殺害されているそうです。さらには、2月にも占いに従事していた女性2人も殺害されたとあります。そして、その二人の娘か孫とみられる5歳の女の子も、重傷を負ったと記事にはありました。

 このような事件の仕業は、厳格なイスラーム主義者だとされています。彼らにとっては、魔術や占いなどは、罪深いものと見なされているのだそうです。

 もっとも、50以上の言語が存在するといわれるほどに多民族なコーカサス地方において、さまざまな宗教の形があることも大いに推測できます。この地域のほとんどの人がイスラームですが、もちろんその中でも違いはあるのでしょう。多くの民族が入り組んだこの場所では、今回のような事件は、ある意味では宿命的なのかもしれませんが、とてもそんなに簡単な問題ではないと思っています。

 ロシア語のニュースを眺めていると、必ずカフカース地方のどこかで、何かしらの事件が起きています。テロの話や、イスラーム原理主義者の話などさまざまです。ひょっとした世界で一番複雑だと言われるこの地域には、正直なところ、どのような心持ちで向き合えばよいか分かりません。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ
posted by Itta Tojiki at 23:04| Comment(0) | ロシアの社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月08日

対ファシズム戦勝記念日に際して

 5月9日は、ロシアにとっての対ファシズム戦勝記念日です。1941年にはじまり、1945年に終わったこの戦争は、「独ソ戦」と呼ばれるほどに、第二次世界大戦でも主要な戦争のひとつでした。ロシアでは、「大祖国戦争」と称され、まさしく国を挙げての大勝利だったわけです。
 そのような記念中の記念ですので、さぞかし盛大に祝われるのでしょう。最近の記事を見ているだけで、その雰囲気が伺えます。分かりやすいように、「ロシアの声」のヘッドラインを参照しましょう。

5月7日 戦勝記念日の全体予行演習
露大統領 無名戦士の墓に献花
戦勝記念日に向けた準備万端
モスクワで若者達が「大祖国戦争英雄ステッカー」を配布中
露大統領 CISの各首脳およびグルジア国民に祝辞

などなど、半ばお祭り騒ぎのようです。戦争を、「終戦記念」としての追悼でしか見ていないものからすれば、「戦勝記念」というのは、あまりピンときません。こういう他国の姿勢を見たときに、第二次世界大戦をめぐる勝利国と敗戦国の立場というのが、はっきりと見て取れます。

 僕自身、ロシア国民は、愛国的だなと思っています。それは、他を排除しようとする極端な民族主義とは異なります。ただ単に、自分の国が好き、ということです。今回のような記念日の盛り上がりもそうですし、日常的に触れ合っていてもかいま見れるものです。
 
 何も戦勝パレードに参加したかったとは言いませんが、その時期の街の雰囲気は感じたかったなあ、としみじみと思うのでした。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ
posted by Itta Tojiki at 23:59| Comment(0) | ロシアの社会 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。