2011年10月26日

本当の平和

DSCF9225.JPG

 太陽は姿を消し、ほんの明るさをたもっている夕暮れ時。僕は帰宅の途にあった。
 風が肌を打つ。いや、なでる、と言ったほうがいいかもしれない。寒くもなく、暑くもなく、ただただ、やさしい風だった。
 平凡な住宅街には、学校から帰る子どもたちがいた。学生バッグを背負った制服姿に、ネクタイを緩めたスーツ姿。犬と散歩、ジョギング……。ときおり何処からか赤ちゃんの泣き声が、まだ声変わりをしてない甲高い子どもたちの声が、耳に入る。歩いていると、まるで食堂街にやって来たかのように、晩御飯のにおいがする。焼き魚やカレー、その他思い出せないけれど、明らかに家庭のにおいがしていたのだった。
 ああ、何という日常。何という平凡。こんなにも落ち着きをもたらしてくれる日常は、今しかないのかもしれない。平和とは、このことを言うんじゃなかろうか……。

 新聞やテレビをつけると、世の中物騒なことしかない。世界中で人が死んで、その犯人を殺した、金融危機が日本を襲う、景気は悪い、原発事故は解決のメドなく、被災地の復興も進まず、もうお先真っ暗だ……。まるでこの世が終るかのような気をさせる。

 でも、ふと日常の足元を見下ろしたときに、何とも平和が転がっているような気がするのは僕だけだろうか。多くの人たちが、家庭を持ち、食に困ることなく、和やかに時間を過ごしているこの現実。もちろん、個々人には事情があって、僕が平和なりと決めつけることはできないけれど、町の空気は穏やかに感じた。何も家庭だけではない。友人や恋人などと過ごす楽しい時間も、また平和だ。
 この時間がずっと続いてくれればなあ、と思うことがある。これから待ち構えているかもしれない嫌なこと、物騒なこと、危険なことなどとまったく無縁に感じてしまう日常の中の平和。このまま時間よ、止まれ!心のどこかでそういう叫びが聞こえやしないか……。

 しかしながら、時間というのは残酷なもので、そうはさせてくれない。常に現実を突きつけてくる。そして僕らは、それと対峙しなければならないのだ。それでも、日常に感じる平和なひととき、将来、この幸せな時間に疎外感を感じるかもしれないけれど、僕はこれを大事に記憶しておきたい。

 懐かしささえ感じさせる住宅街の雰囲気が、あまりにも報道されている世の中の空気とギャップがあったので、ついつい触発されてしました。僕が思ったことがらは、世間知らずの学生的な意見でしょうが、あえて素直な感想だと思って書き残してみたのでした。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ


posted by Itta Tojiki at 22:52| Comment(0) | 今の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月26日

言論の話―ロシアの状況は他人事ではない

 「ロシアには、言論の自由はない」という説は、ここ近年言われ続けたことで、よく批判の対象となっています。「国境なき記者団」の言論の自由度ランキング(2010年度)では、ロシアは178カ国中、140位で、主要国と呼ばれる国としてはかなり低い数字です。

 ソ連崩壊から2006年までに300人近いジャーナリストが殺害され、そのほとんどが犯人は不明といいます。昨日の記事でお伝えした、アンナ・ポリトコフスカヤ殺害事件は、そのような状況を象徴するものでした。
 加えて、体制を、特にプーチン首相と、連邦保安省(FSB)に対して厳しい批判を主張していた、リトビネンコ元中佐殺害事件も、ロシアの言論の自由を危ぶむものとして並べられます。
 これらの言論弾圧は、特に第二次チェチェン戦争の際に、大々的に行われ、上記の二つの事件は、同じ2006年に起こったものでした。何もこの時期だけではなく、現在もなおジャーナリストが殺害される例は続いています。
 言論者を抹殺している犯人は誰だ、ということは断言できませんが、しばしば政府関連の関与が疑われています。

 ここに、「体制」側と「言論の自由」という構造が存在します。これは、ロシアのみならず、歴史的に、そして現代においても、ほとんどの国家で見られるものです。ロシアの場合は、このような構造が派手に顕在化しているために、非民主的な国家である、という非難を頻繁に受けてしまいがちです。

 もちろん、ロシアのこのような非民主的な情勢は、自由主義の観点から見れば、よろしくないことです。もっとも、ある政策を実行あるいは強行しようとするときには、国家は強権的な態度をとります。ソ連が崩壊してから今年で20年という「若い国家」であるロシア連邦においては、このような国家のあり方は不自然なことはないでしょう。さらには、歴史的に見たときに、この国に、いわゆる「民主的な」国家が存在したことはないのです。あれだけの広大な領土に、あれだけの数の民族を抱えたユーラシア国家を、民主的にまとめあげるには、かなりの教育が必要となるでしょう。

 ロシアのこのような国家性は、以前、書いたことがありました。

 ロシアの性
 
 少し話がずれました。
 ロシアには言論の自由がない、ということは繰り返し言う必要はありません。やはり、僕が指摘したいのは、自国の状況を棚にあげて、ロシアをはじめとする「非民主的な」国家のあり方に否定的な見方をする「非難する側」の態度のほうです。言論弾圧の例は、実は民主国家と言われている国々でも行われていることであって、それはそれぞれの胸に手を当てたときに明らかになるでしょう。
暗殺、という最終手段とまではいかなくとも、発表の場を取り上げたり、テレビ番組を降板させたり、ということは、意外と露骨に行われているものです。

 われわれは民主国家である、だからわれわれのしていることは民主的であって、「正しい」ことだ、という“頭でっかち”な状況を指摘したいのです。
 ロシアの状況は、単なる異国での出来事、ではなく、自分たちの社会にも重なることだということを自覚することが大事だと思われます。そういう自覚は、民主主義国家として大きな顔をする態度に、反省という冷や水を浴びせるものだと信じています。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ
posted by Itta Tojiki at 23:56| Comment(0) | 今の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月25日

レジ打ちは自動販売機ですか?

 以前、日本の接客と外国、とりわけ欧米のそれとを比較したことがありました。

 『フレンドリーなサービス!?』 
 最近、僕はせっせとレジのバイトをやっているのですが、とても気になることがあります。

 いくらこちらがレジ打ちだといっても、「袋はご利用になりますか」とか、「当店のカードはお持ちですか」などと、少しくらいの会話はあって、そこには最低限のコミュニケーションがあるのです。
 しかしながら、やたら見かけるのが、耳にイヤホンをつけながらやって来る人です。もう街中の半分くらいの人がイヤホンをつけているんじゃないか、と感じるほど習慣的になっていますが、これをレジのときに外さない人は、けっこういる。
 こちらが、先ほどのような言葉を掛けてもまったく応じない。少し声を大きくしようものなら、怪訝な顔までする人もいる。

 人は人だから、という「ねじ曲がった自由主義」に基づけば、何とも問題がないのでしょうし、僕もこれをいちいち気にしているほど神経は細くはありません。
 それでも、日本の接客は、少々へりくだっていて、堅苦しいのではないかという疑問や、昨今の「モンスター」クレーマーなどの問題を考慮すると、消費者の傲慢さという点は目に付くことがあります。
 
 イヤホンのままレジ、のことを、極端に考えるならば、相手を人と扱っていないということまで考えられます。まるでレジ打ちの店員を「自動販売機」のように見ているきらいさえ感じます。それは、チャップリンの『モダン・タイムス』を思わせるところがあるでしょうか……

 こうやって書いていると、まるで僕がクレーマーのような気もしなくもありませんが(笑)、最近のちょっとした疑問でした。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ
posted by Itta Tojiki at 23:59| Comment(2) | 今の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月16日

変わってゆく風景

 「留学から帰ってきてから、お店で働いている外国人が増えた感じがしないか?」
と友人に言われ、確かに思い当たるふしがありました。
 思えば、コンビニや某牛丼屋さんのスタッフが、みな外国人であることは珍しくありません。感覚的に、以前よりも傾向が強まったような気がしていたのですが、単に僕の視線が変わったからかな、と気に留めていませんでした。ですので、友人の言葉を聞いたときに、その「変化」が確実なものに感じられたのでした。
 実際の統計を見てみても、明らかに外国人労働者の数は上がっているのであって、僕が日本にいなかった7ヶ月間のうちにも増加していたのは当然であって、それを実感するというのも、また当然のことでしょう。

 帰国してから、すっかりと変わってしまった風景を目の当たりにすることが少なくありません。この外国人スタッフが増えたという感覚ももちろんですが、もっと直接的なことに、知っていたお店が閉められていたり、別のお店に取って代わられたり、あるいは完全な空き地と化してしまった光景に出会うことがあります。
 
 たった7ヶ月だったのに、ここまでの「変化」を見せつけられると、その時代の速度を疑ってしまいます。ふと意識して風景を視ようとしたときに抱いた、思いがけない驚きでした。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ
posted by Itta Tojiki at 21:25| Comment(1) | 今の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月15日

ソ連はメジャーだった?-古本屋での感想

 時間があると、ぶらりと古本屋街に立ち寄ることは少なくありません。高田馬場や早稲田の近辺はもちろんのこと、ときには神保町でたいがいな時間を潰すこともあります。

 最近になってこそ、日本文学などの小説にも目がいくようになりましたが、やはりどうしても気になるのは、ロシア関連です。どんなテーマであろうと、とりあえず「ロシア」「ソ連」なんていう単語が目に入ると、必ず手にとってしまうクセがついてしまいました。もっとも、近頃は、「ユーラシア」「中央アジア」「イスラーム」なんていうのも気になるキーワードになりました。

 ぶらぶらといるだけですが、ロシア関連の本というのは、けっこう多いんじゃないか、というのが最近の感想です。古本、なので、必然的にソ連関連のものが多いのですが、特に、政治、文学の面に関しては、よくロシア関連の本と対面することがあります。

 ソ連の政治といえば、やはり「東側」の代表国として、冷戦の切り口として、当時は非常にタイムリーだったのだろう、という想像がつきます。ひょっとしたら、今のロシア連邦よりも、頻繁に扱われていたのではないか、と思わせるくらいです。
 また、ロシア文学といえば、世界的に有名であり、日本文学に与えた影響も計り知れぬものがあり、文芸という面で多々取り上げられるのは、もう当然のことです。

 よくよく考えたら、僕の親世代、そしてその親世代の人たちは、けっこうソ連について知っているのでは、と思われます。それは、もちろん大国ソ連としてニュースがよく流れていたこともあるでしょうし、それに関する本もたくさん出回っていたからではないか、と考えられます。
 ロシアがけっしてメジャーな国ではない、というのは、実は僕らの、ソ連を知らない世代の中だけではないか、とも考えてしまいます。

 ちょっと滅裂な感じになってきましたが、時代によって、よく取り上げられる国は、異なるのではないか、ということです。例えば、ベトナム戦争の頃であれば、その当時の人たちは、それなりにベトナムについて知っていたでしょうし、今であれば、それは中東ということになるのでしょうか。

 話が飛び散りすぎました。

ブログランキングに参加しております。下のバナーのクリックを宜しくお願いします。人気ブログランキングへ
posted by Itta Tojiki at 23:59| Comment(0) | 今の時代 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。